ナナとコマチのパピヨン日記

.

all archives / admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--|
  2. スポンサー広告

ナナの病気と経過

昨年の12月初め、突然ナナが右半身麻痺を起こして倒れました・・・。

夜ご飯食べ終わって落ち着いてソファでくつろぐナナを見た時
一瞬右目がピクピクと嫌な痙攣を起こしたので、
ビックリして側に寄ると、もう何事もなかったかのように
落ち着いた顔をしていたので、何でもなかったのだと思って
他の用事などをしてすっかりそのことは忘れていた。
その後ソファから降りて自分のベッドに寝に行こうとするナナの動きが
なんだかおかしいことに気づき、
抱き上げてそうっと床に下ろして歩かせてみた。

ナナは私の支えなしには立つことも出来ず右半身が変な形で硬直し
倒れた・・・。
その時の私は頭であれこれ考えるより先に体が動いていた。
夜七時半過ぎ、我が家の建物に隣接している動物病院に即電話を入れ、
抱えて駆け込んだ。
その後病院で検査すること1時間超、
診断は・・・

「脳か脊髄に何らかの問題があり」

ショックで頭の中は真っ白になった。
でも思い当たる節は多々あった。
思えば夏場からナナはずっと不調を訴えていた。
夜中に急にぶるぶる震えだしたり、耳を異常にかゆがったり
アトピーみたいに肌が真っ赤になってかゆがったり、
苦しがって大量に吐いたり・・・。
その度に病院で検査を受け、薬を飲ませて来たが
結局検査では原因が分からず、症状はしばらくすると落ち着くので
良くなったのだと思っていた。

ナナが具合を悪くした同じ頃、パパの実家でも両親が具合を悪くして
私たちもバタバタとしていたし、りょうまで高熱を繰り返しだしたり
本当に何もかもが重なっていたので
デリケートなナナはきっと精神的に参っているのだろう、
そう思っていたのだ・・・。

でも実際はそうではなかった。

病院で一晩入院し、翌日紹介された病院で全身麻酔でMRIを受けた。
ナナは自分の体が動かない上に病院で入院、さらには知らないところに
連れて行かれる恐怖で車の助手席で運転する私を見つめて
小さな泣き声を上げて全身ぐっしょり濡れるほどのおもらしをした・・・。

IMG_1727.jpg
入院中のナナ


そしてMRI、私は待合室で3時間以上何もすることが出来ずずっと待ち続けた。
りょうとコマチは自宅で母に見てもらっていたので助かった。
私はそのときはナナの事しか考えることが出来なかった。

検査が終わり、先生に結果を告げられた。

「脊髄梗塞」

明確なMRI写真で素人である私でさえもその血栓は見て取れた。
こんなものが詰まってたなんて・・・。

脊髄梗塞は非常に珍しい症状らしい。
血栓の場所によっては呼吸困難を引き起こし即命に関わる場合もある。

しかし・・・・

なんて幸運なことか、
ナナの血栓は命に関わる場所ではなかった。
しかも先生の診断結果は

「薬で治療したら元通りになりますよ。」

それを聞いた瞬間、この二日間の緊張が一気にほぐれ
恥ずかしながら大泣きしてしまい、先生はうろたえていた・・・。(笑)

その夜、自宅近くの病院から許しを貰い、主治医である実家近くの病院に転院、
そのまま5日間の入院となった。

IMG_1728.jpg
面会室でのナナ


入院中全く起き上がることは出来なかったが元々食べることが何より好きなナナは
寝たきりとは思えぬ食欲で先生たちを驚かせていた。(笑)

入院中毎日面会に行くとナナの満面の笑顔!
そう、夏頃から体調不良になり、このかわいい笑顔がなくなっていたのだ。
あぁ、よかった、本当に心からそう思った。
コマチもお姉ちゃんに会えて嬉しかったみたいで面会室で二人ずっと顔をなめ合っていた。

そして、退院。
しばらく実家で寝たきり生活だったが、数ヶ月は続くだろうと覚悟していたその状態は
日に日に良くなり、なんと年末には公園にお散歩にまで出れるほどに回復したのだ!!

IMG_1731.jpg
退院直後のナナ

思えば12月27日はレオちゃんの命日。今のナナと同じ9歳だった。
このままナナがなくなったらレオちゃんよりも数ヶ月若くして死んでしまう・・・。
どうかレオちゃん、ナナちゃんを守って!と必死でお願いしていた。
今回のことはレオちゃん、
そして秋に亡くなった義母が守ってくれたんだと思っています。
本当にありがとう。
ナナは、そしてみんなはこうやってまた元気に過ごしています。
今年は去年苦しんだ分、楽しく幸せな年になると信じています。

最後までお読み頂きありがとうございました。
これからもほそぼそ日記を続けます。
どうぞよろしくお願いします。




スポンサーサイト
  1. 2014/01/07(火) 23:05|
  2. ナナコマ(日常)
  3. | cm:4
  4. | tb:0

元氣です!

前回、ナナの元氣な姿を写真公開していなかったので
先日散歩のときに写した写真公開します。

IMG_1776.jpg

IMG_1775.jpg


元氣になってコマチと走り回って遊んでるんだけど
写真で撮るとなぜかこんな顔・・・。

IMG_1781.jpg

これじゃまだ具合悪いみたいじゃん・・・。
にこっと笑ったナイスショット撮りたかったんだけどなぁ・・・。

じゃコマちゃん、お姉ちゃんとお散歩で大喜びしてたし、
代わりに可愛い笑顔を・・・!!

IMG_1783.jpg


・・・ってなんであんたまでそんな顔っ!?
  1. 2014/01/21(火) 23:34|
  2. ナナコマ(日常)
  3. | cm:2
  4. | tb:0

プロフィール

やむやむ

Author:やむやむ
レオナナコマチの記録係。現在は大学の通信で版画を勉強しながら育児に奮闘中。1日48時間ぐらいあればな〜と切に思う今日この頃。

▸▸▸アトリエ・やむやむ



名前: レオ
年齢: 享年9歳10ヶ月
誕生日: 1998.3.6-2007.12.27
性別: 男の子
職業: 天使
一言:ちょっと神経質で、たまにおおかみちゃんになるけどとっても賢くてナナにはやさしいお兄ちゃん。アトピーやヘルニアでつらいこともあったけどいつもニコニコ、ボール遊びとフリスビー大好き、パンに目がない、ママの天使ちゃん。これからもずっと一緒だよ。



名前: ナナ
体重: 3.5キロ
誕生日: 2004.7.7
性別: 女の子
職業: 生涯家事見習い
一言: うちに来たその日からお兄ちゃんに一目惚れ。他のワンちゃんは大嫌いでお兄ちゃんだけ愛してた。臆病でちょっとおつむの弱い元気いっぱいの女の子。自慢の大きなお耳は結局片っぽしか立たず、パピヨンとファレンのミックス、改名「ファピヨン」ちゃんです。コマチが来てお姉さん意識が芽生えてきたのか日に日におしとやかなレディに変身!でも食い意地だけは変われないのね・・・。



名前: コマチ
体重: 2.5キロ
誕生日: 2008.4.27
性別: 女の子
職業: ナナの妹
一言:レオの死後、笑顔が消えたナナにもう一度笑顔を取り戻してもらうという重大な使命を背負って我が家にやってきた、救世主コマチ。
ただ我が家に慣れてきた今日この頃、本人、その使命をすっかり忘れ(そんな使命最初から持ってないという噂も)主のように偉そうにふるまい君臨している。お願いだからもう少し穏やかに、おしとやかになろうね・・・。




名前: パパさん
職業: 会社員
一言: レオが多分世界で一番(私より)愛していた人。「パパが帰ってくるよ」と言うだけで嬉しくてきりきり舞いしてたっけ。今はレオの生まれ変わりか!?というくらい性格がそっくりなりょうの優しいパパです。




名前: りょう
職業: 恐竜博士(もどき)
一言: ママ(つまり私)と同じ誕生日に生まれてきたりょう。とにかく一瞬もじっとせず、一日中しゃべり続け、歌い続け、道行く人誰にでもこんにちは〜!と声をかけ、一瞬目を離せば見知らぬ子供と手をつないで遊んでいる、恐るべき社交会パワー。本人は毎日が楽しくて仕方ないみたいだけど少しは振り回される身にもなって・・・お願いします・・・。恐竜とスパイダーマンが大好きな3歳です。

カテゴリ

HOME

いくつになったの

script*KT*

カレンダー

12 | 2014/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

オススメ

[ドットわん]
全て国産品♪

[GREEN DOG]

超オススメ

我が家はいつもここ♪

[kitchen Dog !]

手作り食サポートにはここ!

★Kitchen Dog !★

[吉岡油糧オンリーワンフード]

うちのドライフードは

ここのものです♪

[わんのはな 森修焼]

安心安全の器

[フルーティア]

安心安全

ヨーグルトのトッピングに

ドライフルーツやナッツ

オーガニックティまで♪

QRコード

QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。